目の下のたるみは老けた印象|眼瞼下垂を迅速に治す

10年前の自分に会う

女医

確実に若返りを実現させてくれる美容整形ですが、やはりタイミングが大切です。老化を意識したら早めにクリニックで相談するようにしましょう。また、同じ若返り術と言っても様々な方法があります。メスを使用するのかしないのかなど、自分の希望や目的、施術の特徴をよく考えて、自分に合った施術を選びましょう。

もっと見る

たるんだ皮膚を切除

笑顔の婦人

引き締まった状態に

目の周辺の皮膚は、年をとるにつれてたるみやすくなります。そしてたるむことで垂れ下がり、衣服のひだのようなシワが生じることがあります。さらに目の上の脂肪が皮膚と一緒に沈んでくると、それによる膨らみで、目の下にはクマのように見える影ができます。いずれも顔の魅力を低下させることになるので、多くの人が目の下のたるみを美容外科での整形手術で除去しています。具体的には、目の下の皮膚を切り取った上で縫合するという整形手術がおこなわれます。衣服は、ひだの部分を切り取ってから縫うと、膨らみが減ってシャープなラインになります。それと同じように、皮膚を切り取れば、目の下はたるみのない引き締まった状態となるのです。するとシワが除去される上に、脂肪が抑えられることで膨らみが生じにくくなるので、クマのように見える影もなくなります。

具体的な方法

目の下の皮膚は、多くの場合は下のまつ毛の生え際で切り取られます。そのため整形手術による傷跡は、まつ毛に覆い隠されることになります。つまり、整形手術を受けたということが、周囲にはばれにくいわけです。さらに、皮膚のたるみがなくなって引き締まる分、まつ毛は下方向へと多少引っ張られます。それにより、まつ毛が長く見えるようになりますし、傷跡は一層覆われやすくなるのです。また、沈んできた脂肪が多い場合には、皮膚を切り取ったとしても、脂肪による膨らみが生じてしまうことがあります。そのような場合には、脂肪を切除する手術や、脂肪を奥へと押し込んだ上で、戻ってこないように固定する手術もあわせておこなわれます。眼瞼下垂を迅速に治しましょう。

眼瞼下垂になると、まぶたが重く感じる、眠そうな目に見えるといった症状が現れます。このような症状が現れると、目つきが悪くなってしまったり、目が小さく見えるなど顔に変化が出てしまうため、人からの印象も悪くなる場合があります。実は、眼瞼下垂には先天的な原因と後天的な原因があるのですが、多くの場合、不規則な生活や筋力の低下といった後天的なことが要因で発生すると考えられていますし、仕事などでパソコンを長時間使う、ハードコンタクトの着用時間が長いといった理由から発症することもあります。この眼瞼下垂はセルフチェックが出来るのですが、片方の目が開きにくい、黒目の部分が小さく見えるといった症状がある場合には眼瞼下垂を発症している可能性があります。

眼瞼下垂を治療する場合、美容外科などでの切開手術が一般的です。しかし、最近では医療技術が発達しているため、切開ではなく糸を使った切らない治療法も確立されています。この糸を使った治療では、両方の目の施術が完了するまで20分しかかかりませんし、治療後は目に傷跡が残る心配もありません。また、ダウンタイムが必要なく、施術をした次の日からメイクをしても良いため、女性でも安心して治療を受けられます。さらに、眼瞼下垂を切開で治療する場合は片目で約30万円から40万円の費用が発生するのですが、切らない場合は片目で約20万円という治療費で済みます。基本的に眼瞼下垂の治療は自由診療で保険が適用されないため、事前に複数の美容外科の費用を比較すると良いでしょう。

光の照射だけで美肌に

顔に触れる人

1台でしわやしみ・くすみ・たるみなどいろいろな肌の問題に対処できるのがフォトフェイシャルです。そのため東京の美容クリニックでも人気の高い治療法です。トラブルの種類によって光の波長を変えられるのがフォトフェイシャルの一番の特長です。

もっと見る

安全性の高い治療です

女性の顔

ヒアルロン酸注射が注目されていますが、副作用などの心配をしている人も少なくありません。ヒアルロン酸注射は副作用などの心配はありませんが、注入後に内出血などを起こす可能性があります。心斎橋周辺でもヒアルロン酸注射を行うクリニックが多く、ほうれい線解消などに効果を示します。

もっと見る