目の下のたるみは老けた印象|眼瞼下垂で生まれ変わろう

10年前の自分に会う

女医

タイミングを大事にしよう

口の両わきにクッキリと刻まれたほうれい線や目元のたるみ、鏡を見ながら「これがなかったらいいのに」とつい、ため息をついてしまうこともあるでしょう。エステやコスメも良いけれど、やはり確実に若返りを実現してくれるのは、美容整形を置いて他にはありません。このように、できてしまったシワやたるみを直接解消してくれる美容整形ですが、一つ注意点があります。それは、美容整形は魔法の術ではない、ということです。例えば、いくら若返りと言っても、20歳も30歳も若返るというのは、かなり難しいものがあります。やはり、5歳から10歳若々しい表情に戻るというのが、自然ではないでしょうか。ですから、できれば老化が気になり出した時点で、早めに整形クリニックで若返りの相談をされることをおすすめします。何事も予防が大切、というのは若返りも同じなのではないでしょうか。

施術の特徴を理解しよう

憎いシワを除去して若返りを実現してくれる美容整形ですが、同じシワの除去にも様々な施術があります。それぞれの特徴をつかんで、自分に合ったものを選びましょう。例えば老化の象徴の一つであるほうれい線について考えてみましょう。ほうれい線を除去するにはいくつかの方法がありますが、大きく分けるとメスを使用するものとしないものに分かれます。また、メスを使用しないものは、何かを注入するタイプと照射系、そして糸を使用するものに分かれています。それぞれに特徴があり、メリットがありますので、自分の状態や目的に適っているものはどのタイプか、よく医師と相談して決めましょう。傷が残らないものが良いのか、半永久的に効果が持続して欲しいのか、自分の希望をハッキリさせることで、より適した選択ができるでしょう。今や美容整形は様々な人がそれぞれの目的で受ける時代になりました。より自分らしい若返りをぜひ実現させてください。